FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苔の販売専門店【モスファーム】:マンネンゴケについて


こんにちは、苔の販売専門店【モスファーム】です。

201806.jpg

写真はマンネンゴケの栽培写真です。2年ぐらい経過しております。

マンネンゴケは葉が大きく、地下茎が長いためあまり苔には見えません。

マンネンゴケはコウヤノマンネングサやコウヤノマンネンゴケなどいろいろ名前がありますが、

最近はコウヤノマンネングサが通称になりつつあるように感じます。

当店では10年以上前からマンネンゴケとして販売しており、

昔はお庭ベースでは非常に使いづらい苔なので企画商品として

めずらしい苔が欲しい方がよく購入されていた感じを受けました。

需要が増えてきた様に感じたのは苔のテラリウムなどが普及してからだと思います。

高さがあるためテラリウム内のアクセントとしてよく使用されます。

また、地下茎が長くあまり土を必要としないため床材を選びません。

テラリウムをされている方は今度、是非お試し下さい。

>>マンネンゴケミニパック(M2)はコチラ







スポンサーサイト

苔の販売専門店【モスファーム】:ミズゴケ

こんにちは、苔の販売専門店【モスファーム】です。

下の写真は栽培試験場のミズゴケの写真です。

2016042.jpg

暖かくなり日に日に良い色目になってきています。

色目が良いのでテラリウムやアクアリウムなどに最適です。

また、保水資材としての生ミズゴケも取り扱いをしています。

お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。


苔の販売専門店【モスファーム】:ハイゴケについて

こんにちは、苔の販売専門店【モスファーム】です。

最近はすごく暑いので、ここで少し涼しくなる写真をご紹介します。

写真はハイゴケの水耕栽培場の写真です。

2015072.jpg

2015074.jpg

梅雨入り前は青いネットの下で苔は成長していまいたが、約1ヶ月ぐらいの

間で葉先がネットを突き出すぐらい成長しました。

野地栽培にくらべて成長のスピードが驚くほど速く、良質で色目の良い苔

を栽培できます。

最近は苔の色を薬品などで出荷前にコントロールする業者も増えてきてい

ますが、そういった苔はその場しのぎの色目で、施工後すぐ不自然な変色

を起こします。

人間と同じでドーピングすると苔自身に負荷がかかるのです。

いろいろな商売の仕方があると思いますが、お客様のことを考えるとそう

いった苔は販売できないし、なにより苔に申し訳がないと思います。

現場で毎日、苔と顔を突き合わせてき人間として、少しでも良い苔を

お客様にお届けできればと思います。

このハイゴケは夏の終わりには出荷しますので、お手元に届く機会が

あればかわいがって頂ければ幸いです。

苔の販売専門店【モスファーム】:杉苔について

sugi_001.jpg

苔の販売専門店【モスファーム】です。

前も書きましたが今年は例年にない雨不足で色々な畑の作物に影響がでました。

モスファームでは杉苔が特に影響があり、新芽がなかなかでてきませんでした

ただ、時間が経つごとに確実に苔は成長はしています。

今、土が見えている部分にも杉苔の地下茎が地中にありますので新芽によって見えなくなっていきます。

今年の春は全国的に杉苔不足だったと思いますので、秋からはかなりの需要が

予想されますのでご検討させている方はお早目にご注文下さい。

苔の販売専門店【モスファーム】:ハイイロキゴケ

苔の販売専門店【モスファーム】です。

写真は富士山近くで採取したハイイロキゴケです。

ハイイロキゴケは噴火跡地の露岩上などに生息します。

日本では採取できる場所が限られてしまいます。

また、ハイイロキゴケは苔種の中でめずらしい地衣類の苔です。

いわゆる「ライケン」です。

ライケンには一部に熱狂的ファンがいるみたいです。

フィンランドなどの北欧などではライケンをトナカイや人間が食したりしていると聞きます。

ハイイロキゴケは見た目は良くないかもしれませんが、観察しがいのある良い苔です。


20130419.jpg

苔の販売専門サイト【モスファーム】
はコチラ!!
プロフィール

モスファーム

Author:モスファーム
相変もわらず苔三昧な毎日を送っております!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。